架空送電線工事

山電株式会社

054-366-1113

事業内容

弊社の主な事業は鉄塔を組立て、鉄塔と鉄塔の間に電線を張り、発電所から需要地へ数万ボルトの電気を流すことができる『電気の道』を造る仕事です。更に、『電気の道』の機能を健全に維持していくための保守工事です。

鉄塔組立工事

鉄塔は鋼管やアングルの鋼材をボルトで固定しながら、大型のクレーンなどで組立てます。山間部でクレーン車を使用できないような場所では、台棒工法で組み立てします。

架線工事

各鉄塔間に電線を張る工事です。最初はヘリコプターでロープを張り、ワイヤーロープに引き替え、そして電線へと引き替えます。最後に決められた張力でがいし装置に取り付けます。

電線張替工事

作業員が二手に分かれ、電柱に昇るメンバーが古い電線と新しい電線をロープで連結し、地上に残ったメンバーがそのロープを引っ張ることで高圧電線を張り替えていく工事です。

保守工事

送電線は、長い年月の間、雨や風、雪、雷、地震といった自然現象にさらされます。そのため鉄塔、碍子、電線等の点検を行い、送電線の機能を健全に維持していくための工事です。